青汁を実際に飲んで特徴をまとめました

青汁を飲んではダメな方がいるって本当?

〜当サイトは価格や飲みやすさで青汁を比較しています〜

こんな方は青汁を飲めない

 青汁は毎日の健康を気にする方におすすめの健康飲料ですが、誰でも飲んでいいわけではありません。場合によっては、飲んではいけない方、飲む前に医師に相談する必要がある方もいます。

ワーファリンなどの血栓予防薬を服用されている方

 青汁にはビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKは血栓ができるのを抑える薬、ワーファリンの効き目を悪くする働きがあります。
 ワーファリン等の血栓予防薬を病院で処方されている方は、日常の野菜の摂取についてアドバイスされていると思います。とくに納豆やクロレラ食品などビタミンKを多く含む食品は控えるよう指導されていることでしょう。青汁もビタミンKを多く含んでおり、血栓予防薬の作用を低減される働きがあるため、これに該当する方は青汁を飲まないほうが良いといえます。

医師との相談が必要な方

 腎臓や甲状腺の機能低下が著しい方は、野菜を含めた食事制限を受けている場合がありますので、医師と相談する必要があります。
 また、高血圧や糖尿病の方は、まれに薬の服用により、血中カリウムが多いと診断され、野菜を含めた食事制限が必要な場合もありますので、その場合、飲用について医師と相談してください。

はちみつ青汁を飲めない方

 キューサイのはちみつ青汁は、その名の通り、商品にはちみつが加えられています。はちみつには、ごくまれにボツリヌス菌が入っていることがあり、腸内細菌の少ない乳児ではボツリヌス菌が入ると、乳児ボツリヌス症を発症させることがありますので、満1歳未満の乳児には飲ませられません。

青汁でまれに体調を崩す場合もあります

 青汁は、他の食品同様に体質や体調により、まれに発疹、嘔吐、下痢、便秘、アレルギーなどの症状が出る場合があります。これは、他の健康食品などでも言えることですが、もし青汁を飲んで体に合わない場合は、飲むのをやめて医師に相談してください。