青汁を実際に飲んで特徴をまとめました

アサヒの1日分の青汁を実際に飲んだ感想

〜当サイトは価格や飲みやすさで青汁を比較しています〜

アサヒフードアンドヘルスケア株式会社の青汁

アサヒの青汁

 アサヒ フードアンドヘルスケア株式会社(以下アサヒと称します)はサプリメントや健康食品、基礎化粧品等、幅広く取扱っていて、アサヒビール株式会社の100%子会社
 品質管理には徹底しており、安心できる企業です。
 そのアサヒの青汁は、他にはない旨みが詰った味わいと豊富な栄養成分を持ち合わせており、偏った食事が常態化している人にとっては、一番のおすすめ商品です。

1日分の青汁の特徴

 アサヒの青汁は、ビタミンやミネラルなどの栄養摂取を第一に考えて開発をしています。
 熊本、福島、青森の契約農家で栽培された国産100%の大麦若葉を使用し、栄養価を高くするため発酵させたニンジンの絞り汁をプラス。これはアサヒ独自のもので、発酵させたニンジン汁は特許製法を取っています。
 大麦若葉だけなら、そこそこの栄養価で終わりですが、発酵ニンジン汁を加えたことで食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ルテイン、クロロフィル、食物性乳酸菌など、全部で40種類以上の栄養成分が補えます。届いた商品を見れば分かりますが、他社を大幅に凌ぐ栄養成分がずら〜っと記載されています。
 野菜不足が気になる方にはおススメの青汁です。

アサヒ1日分の青汁の味

アサヒ1日分の青汁

 発酵ニンジンがプラスされていることで、酸味がある独特の味わい
 他社の青汁とは全く異なる飲料となっています。青汁とは別物と考えても良いかもしれません。青臭さは全くありません。
 最初に飲んだ瞬間、発酵ニンジンのものと思われる独特の香りと酸味があるので、正直、ちょっと抵抗を感じた青汁ですが、三日も飲むと“あら不思議!”。なぜかこの酸味が飲みやすいと感じるようになり、他社の青汁には物足りなさも感じるようになってしまいました。
 他社の商品は1日2杯を目安としているのが一般的なのに対し、この青汁は1日1杯
 しかし、飲み慣れると、思わずもう一杯飲みたくなる、クセになる味わいです。

1日分の青汁がおススメの方

 栄養成分が非常に豊富なので、丼モノやハンバーガーなどを食べる機会が多い方、偏った食事が続きがちな方に最適です。1杯で緑黄色野菜1日分のカロテンが補えますので、緑黄色野菜をほとんど食べる機会が無い方には是非、飲んで欲しい青汁です。
 ただ、発酵ニンジン汁が加わったことで、ちょっとクセがあります。果物が入っていない、純粋な野菜ジュースが飲めない方にはちょっと不適のように思えます。
 野菜ジュースを好きな方ならおすすめ。最初はちょっと抵抗を抱くかもしれませんが、3日も飲めばクセになります。(笑)
 また、1杯あたりの価格は他社の青汁よりも高めですが、他社が一日2〜3杯が目安なのに対して、アサヒの1日分の青汁は1日1杯が目安。このため、結果としてリーズナブルな商品といえることが出来ます。価格重視で選びたい方にも最適です。

アサヒ 1日分の青汁

主原料内容量通常価格定期購入時の価格
価格1杯分の価格送料価格値引率送料
大麦若葉
発酵にんじん
6g×30包3,990円133円無料3,591円10%無料
6g×30包×3箱9,800円109円無料8,813円10%無料
評価 味の濃さ★★★★☆溶けやすさ★★★☆☆
飲みやすさ★★★★☆価格の安さ★★★★☆
お支払い方法クレジットカード 代金引換 コンビニ 銀行振込 郵便振替 自動引落し
送料について 税込み3,150円以上で送料無料。
3,150円未満は送料315円。
ポイント 1杯で緑黄色野菜1日分のカロテンを補給可能。その他の栄養成分も豊富です。
発酵ニンジン汁配合で、ほんのりとした酸味。青臭さは全くありません。
1日1杯が目安なので、2杯が目安の他社より結果的にリーズナブルです。