青汁を実際に飲んで特徴をまとめました

食物繊維の多い青汁

〜当サイトは価格や飲みやすさで青汁を比較しています〜

体内の不要物を取り除く食物繊維が豊富な青汁

食物繊維は多くの方が不足しています

 食物繊維は以前は体にとって不必要なものと捉えられていましたが、現在では食物繊維がもたらす働きがクローズアップされています。
 たとえば、高血圧の人にとって気になる余分な塩分を体外に排泄したり、コレステロール値を下げたり。
 また、便秘解消に役立つことでも有名です。
 食物繊維の1日あたりの必要摂取量は男性(30〜49歳)で27g女性(30〜49歳)で20gとなっていますが、ほとんどの方が摂取できていません。
 『わたし、お弁当に入っているキャベツの千切り、残さず食べています。』
 『よくランチに食べるハンバーガーにはレタスが入っています。』
 なんて思っていても、食物繊維20gを摂取しようとしたら、キャベツで1.1kg、レタスでは1.8kgも食べなくてはなりません。このため、食物繊維を効率よく摂ろうと思ったら生野菜よりも、かぼちゃや納豆、ごぼうなどの根菜を毎日食べなくてはなりません。

食物繊維が豊富な青汁はどの青汁?

 なかなか普段の生活では必要量を摂れない食物繊維ですが、これを青汁で補おうとしたら、どのメーカーの青汁でも良いわけではありません。
 たとえば、やずやの養生青汁などは、栄養の摂取を第一に商品開発をしているため、食物繊維は徹底的に取り除いており、ほとんど食物繊維が含まれていません。
 もし、食物繊維を青汁で補おうと考えているなら、キューサイの粉末青汁を選ぶことをおすすめします。
 青汁には平均して1杯に1g弱しか含まれていませんが、キューサイの粉末青汁は2.5gとダントツの多さ!
 キューサイの粉末青汁は1日2杯が標準なので、これだけで合計5g摂れます。
 ほかでは、同じキューサイから発売されているはちみつ青汁が1.3g、ファンケルの青汁粉末が1.0〜2.1gと多め。
 キューサイのはちみつ青汁は1日2杯が目安なので合計2.6g、ファンケルの青汁粉末は1日1〜3杯が目安で仮に1日2杯飲んだとしたら2.0〜4.2gの摂取が可能です。
 また、アサヒの1日分の青汁も1杯あたり1.74gと多めですが、こちらは1日1杯が目安なので結果としてそう多くはありません。ただ、アサヒの青汁に関しては他にも栄養成分が豊富なので、それなりのメリットはありますが。

キューサイ 粉末青汁

主原料内容量通常価格定期購入時の価格
価格1杯分の価格送料価格値引率送料
ケール7g×30包3,600円120円無料3,420円10%無料
420g6,300円105円無料5,67010%無料
評価 味の濃さ★★★★★溶けやすさ★★☆☆☆
飲みやすさ★★★☆☆価格の安さ★★☆☆☆
お支払い方法クレジットカード 代金引換 コンビニ 郵便振替
送料について3,500円以上の購入で送料無料。
定期購入の場合は送料無料。
キューサイ
ポイント ケール100%にこだわるキューサイのヒット商品。ケール青汁で売上げNo.1
しっかりとケールの味がするが、青臭さではなく美味しいと感じる一杯
緑黄色野菜の旨みをしっかりと味わえ、野菜好きにはおすすめナンバーワン。

キューサイ はちみつ青汁

主原料内容量通常価格定期購入時の価格
価格1杯分の価格送料価格1杯分の価格送料
ケール7g×30本3,800円127円無料3,420円10%無料
420g6,800円113円無料6,120円10%無料
評価 味の濃さ★★★★★溶けやすさ★★☆☆☆
飲みやすさ★★★☆☆価格の安さ★★☆☆☆
お支払い方法クレジットカード 代金引換 コンビニ 郵便振替
送料について3,500円以上の購入で送料無料。
定期購入の場合は送料無料。

ポイント しっかりとケールの味がするが、青臭さではなく美味しいと感じる一杯
山田養蜂場のはちみつを配合し、自然の優しい甘みがある。美容にも良さそう。
野菜好きな方なら、これ以外の商品の選択の余地が無いかも!?